小さめでもパワーはある中古のコンパクトカー

軽自動車とはパワーが違う!コンパクトカーの特徴を知ろう

中古のコンパクトカーの購入を考えていても、軽自動車やミニバンなど、車のボディタイプは様々あるので、どの種類にしようかまだ悩んでいるという人もいるのでは?コンパクトカーは軽自動車と価格帯は似ているものの、違うところは小型乗用車に属する車の種類だというところです。エンジンの排気量は軽自動車に比べると約2倍程度で、1300ccクラスほどあります。軽自動車よりもパワーがあって加速がスムーズ、走行安定性も高いところが魅力的です。そして、その名称通りボディサイズがコンパクトな乗用車なので、前輪と後輪の幅が狭く、小回りが効くというメリットがあります。住宅地の狭い道であっても運転しやすいですし、停めにくい駐車場でも比較的楽に駐車できます。

中古のコンパクトカーの購入時は保障サービスに注目して

パワーがあって長距離の運転でも疲れにくいコンパクトカーですが、中古車を購入するときは注意点についても知っておきましょう。中古のコンパクトカーを買うことは新車購入と比べて、保障サービスの充実度は期待できない部分があります。新車購入の場合、通常3年程度の手厚いメーカー保障が付きます。中古車購入の際はメーカー保障も引き継がれるため、期間内であれば保障サービスは受けられるでしょう。 しかし、期間を過ぎれば故障トラブルがあったときの修理費用などは高くなります。中古車販売店では、独自の保障サービスをつけているところもあります。使用歴のある中古のコンパクトカーは部品などが消耗している場合もあり、故障トラブルが起きる可能性も高まります。購入時は中古車の保障サービスの有無も確認しましょう。